毎日のごはん

[手抜きレシピ]30分で準備して夜はなにもしない!夜ご飯。

できるだけキッチンに立つ時間を減らしたい。

子育て中のママは特にそう思いませんか。私は料理大好きですが、毎日思います。

掃除はしない日があってもなんとかなるけど、ご飯を食べない日なんてあり得ません。

そこでいかに料理にかける時間を短くして自分時間・子供と遊ぶ時間を確保するかを考えています。

手抜き料理のレシピもこれからブログで紹介していきたいと思います(`・ω・´)

朝準備して夜はらくらく人参たっぷりメニュー

本日のメイン食材「葉ニンジン」。

これ見た目はかわいいですよね、2歳児も絵本にでてきそうなこの人参にひとめぼれ。

一緒に買い物に行くたびに抱えてきます。でもちょっと扱い方に困っていました。

長女からは「細かく切らないで」と言われるんです。

[レシピ]野菜たっぷりぎゅうぎゅう焼き

(材料)

・葉にんじん ・玉ねぎ ・キャベツ ・じゃがいも ・・・冷蔵庫にある野菜を適当に

・鶏胸ひき肉・・・1パック

・塩・・・少々 ・酒・・・小さじ1 ・片栗粉・・・大さじ1

(作り方)

1 玉ねぎ1/2個とニンジンの葉(適量)をみじん切りにする。

2 みじん切りにした玉ねぎをレンチンして軽く火を通す。

3 玉ねぎを冷ます間に、野菜を一口大に切って天板に並べる。

※じゃがいもは切った後にラップでくるんで3~4分レンチンしておく

4 ひき肉と調味料をボウルに入れてよく混ぜる。

5 2の玉ねぎと1の葉も混ぜる。

6 手で丸めて皿に並べ、レンジで2~3分加熱し火を通しておく。

7 火が通ったらひき肉だんごも天板に並べる。

8 ラップをして冷蔵庫にしまっておく。

9 夕食時にオーブンに入れて火が通るまで加熱する。

(わが家のビストロの場合グリルモードで20分焼く)

※オーブンの種類によって加減してください。

9 天板ごと食卓に出して好みのドレッシングで食べる。

※焼く前にオリーブ油と塩で味付けても美味しい

 

焼いたあとの写真がこちら。

「今日はうさぎさんのおうちのにんじんパーティーです。」といって出したら長女大喜び。

「パパ!いらっしゃいませ!どれにしますか?にんじんおいしいですよ!」とお店屋さんごっごもしながら楽しく野菜をたべてくれました。

(レシピ)にんじんともち麦の炊き込みごはん

にんじんだけのシンプルな炊き込みごはんです。

(材料)

・米・・・1.5合

・もち麦・・・1/2カップ

・葉にんじん・・・3本

・醤油・・・大さじ2 ・酒・・・大さじ2 ・かつお粉末・・・大さじ2

(作り方)

1 にんじんは葉まで粗みじん切りにする

2 米と調味料を炊飯器に入れ、1.5合の目盛りまで水を加える。

3 もち麦と水1カップ(かためが好きなら2/3カップくらい)加える。

4 にんじんも加えよくかき混ぜたら炊飯器にセット、予約する。

 

まとめ

長女をお迎えに行く前の30分間で準備しました。

あとは17時すぎに天板をオーブンに入れて、焼くだけ。炊飯器は勝手に17時30分に炊いてくれます。

朝の残りの副菜や汁物といっしょに出して18時から夕食でした。楽~°˖✧◝(⁰▿⁰)◜✧˖°

夕方って子どもも疲れてきてぐずるし赤ちゃんはよく泣くし、なんだかバタバタするんですよね、

でもご飯ほぼ出来てるもんね!と思うだけで私の心がとっても広くなります。笑

帰りたくないと怒りだす長女とお散歩できちゃうくらいに\( ‘ω’)/

 

こどもはあまり好きではないかもしれないにんじんですが、長女は「うさぎさんのにんじんパーティー♡」という設定と天板ごと出してトングで取り分けるというスタイルにしただけでテンションがあがってよく食べてくれました。イヤイヤ&反抗真っ盛りなので全く食べてくれない日もありますがこの日はご機嫌で完食。

 

しばらくこういった時間があるときに作って夜の負担をできるだけ減らす方法を考えていきたいと思います。

誰のためでもない私のために!!

 

ABOUT ME
黒猫NOIR
黒猫NOIR
2015年生まれの長女、 2017年生まれの次女、 2009年生まれの黒猫と 病み気味な夫のお世話に追われる主婦。 働きたくないワーママ。 猫と食べ物が大好き、 のんびり生きたい。