わたしのこと

夜型人間だった私が早起きできるようになった4つの理由

朝の海

おはようございます。

今日は4時に起きてずっとパソコンいじってます!ブログを開くとあれこれやりたいことだらけで時間はあっという間に過ぎていく!

今日は夜型人間だった私が朝方生活に切り替わったお話をかきたいと思います。

くろねこ
くろねこ
もともとすごい夜型だったよね
NOIR
NOIR
学生~独身時代は特にね!夜中まで遊んで朝寝て昼に起きていたかな
くろねこ
くろねこ
不健康だよね。
NOIR
NOIR
夜型&インドアで上司からうつ病を疑われていたこともあったね。今思うと確かに健全な生活ではなかったかな

ずばり!朝方に切り替わった4つの理由

  • 結婚した人が早寝早起きの生活だった
  • 子どもに邪魔をされないひとり時間は朝しかない
  • 夜は疲れきっていて眠い&イライラ
  • やっぱり早起きは気持ちが良い

結婚がきっかけで生活習慣が整い、子どもがうまれたことで自分の時間を求めて早起きにならざるを得なかったわけです。

理由1 結婚した人が早寝早起きだった

26歳で遠距離恋愛から結婚したのですが、夫はおじいちゃんみたいな生活スタイルでした。9時過ぎには寝て、朝5時から起きて朝食を食べ、珈琲を飲みながら読書してる。休みの日なんて4時に起きて洗車したり早朝ドライブに連れて行ってくれたり。

夜は好きなだけ夜更かしして、朝はギリギリまで寝ていたかった私には衝撃でした。

そんな夫に合わせて苦手な早起きをして朝食を作ったりするようになったわけです。新婚で夫のこと大好きだったから出来た技ですね…。でもこの時点ではギリギリまで寝ていたい願望をもったままの早起きだったので、夫が出社したあと二度寝したりしてました。笑

よく遅刻せずに毎日仕事にいけていたと思います💧

理由2 子どもに邪魔をされないひとり時間は朝だけ

今早起きする理由の98%はこれです。自分の時間確保!ひとり時間の確保!!

ひとり時間欲しさに苦手だった早起きが楽しみに変わりました

NOIR
NOIR
明日早起きしたらあの本読むぞ~(わくわく)とかね
くろねこ
くろねこ
夫も起きてるけど別行動で好きなことしてるね

朝は静かに過ごしていれば子どもはあまり起きてきません。復職してから、仕事→お迎え→ご飯・お風呂→就寝と生きるだけで私の時間は全て消費されていたので切実でした。

「なにいってんだ」って思う人がいるかもしれないけれど、本当スマホ触る時間もないんだから…ご飯をゆっくり食べる時間だってないんだから…隣でずっと3歳児は話しかけてくるし、0歳児は隙あらばゴミとか掴んでるし…

時短勤務・実家頼りまくり・夫は良く家事をしてくれるな私でこんな状態なのでワンオペママさんは本当すごいんだよ…お疲れ様です…

理由3 夜は疲れきっていて眠い&イライラ

夜子どもを寝かしつけてから自分だけ起きてあれこれしようと思っていた時期が私にもありました。でもなぜか寝ない子どもたち。

やりたいことがあると寝ない子どもにイライラしていまいます。私にも子どもたちにもよくありません。そもそも疲れ切っているのでほぼ一緒に寝落ちしてしまいます。朝方はっと目が覚めてがっかりしたり…

夜はもう一緒に9時には寝ると割り切っちゃうとスッキリします!多少部屋が散らかっていてももう明日にまわして一緒に寝ちゃえばいい!!

9時に寝れば4時に起きても7時間寝れるので日中眠くなることも今のところありません。

理由4 やっぱり早起きは気持ちが良い

夜型だったとはいえ、早起きするとやっぱり気持ちが良いですね。朝方の涼しくて静かな時間は集中していろいろなことができます。

終了時間(子どもが起きてくる時間)も決まっているのでだらだら過ごしてしまうこともありません。夜だとついついネットサーフィンをしてしまって意味のない夜更かしをしてしまったりするので朝の方が私は有効活用できています。

まとめ

朝カフェ

朝活をしたいけれどなかなか起きられない人へのポイントは、(少し前の私ですね)

朝活を成功させるポイント
  1. 朝活を楽しみにしちゃおう
  2. 誰かと一緒に朝活をしてみよう
  3. 夜は早く(21時には)寝よう

だと思います♪

起きないとと義務感を感じるよりも

明日の朝起きたら何をしよう♡とわくわくした方が私は圧倒的に起きれます。

まだ乳児の次女が朝方起きてしまい添い寝していたら遅くなってしまうなんて日もあけれど、今日はゆっくりできた!思ってあまり気にしすぎないようにしています(・ω・)

やはり何事も気にしすぎずストレスを減らしていくのが続くコツだと思います(・ω・)

ABOUT ME
黒猫NOIR
黒猫NOIR
2015年生まれの長女、 2017年生まれの次女、 2009年生まれの黒猫と 病み気味な夫のお世話に追われる主婦。 働きたくないワーママ。 猫と食べ物が大好き、 のんびり生きたい。